備前焼陶芸作家矢部俊一公式ホームページ
会期終了いたしました。

(2013.09.25)

9月24日を持ちまして、名古屋松坂屋「備前 矢部俊一 空刻」展 無事終了いたしました。

ご多忙中にもかかわらず、ご来場くださった方々に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

また、個展開催にあたりまして、多くの方々にご協力をいただき、本当に感謝いたしております。これからも精進いたしますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

矢部俊一

名古屋松坂屋「空刻」展

(2013.09.11)

名古屋松坂屋の個展も今回で三回目となります。今回は案内状の写真に代表する彫刻を始め、花器としても使える彫刻をコンセプトにcrossをモチーフに制作した作品も発表します。会期中は出来る限り在廊いたしますので気軽に声を掛けてください。 

この連休は「あいちトリエンナーレ2013」も開催中なので合わせてご来場いただくことをおすすめいたします!

 

会期:9月18日(水)〜9月24日(火) 

会場:松坂屋名古屋店 南館6F美術画廊

 

「 泥象 / 鈴木治の世界」展

(2013.09.10)

 会期終了間近に京都国立近代美術館で開催された「 泥象 / 鈴木治の世界」展に行ってきました。以前、ある陶芸家から「君の作品は鈴木治の作品に似てるな」と言われたことがあり、意識はしてなかったのですが心のどこかで気になる存在でした。没後10年となる今回の大規模な催しは初期の作品から「走泥社」設立後の轆轤から離れた制作実験的な試みなど刺激的な作品が一同に集められた素晴らしい展覧会となっていました。「使う陶」から「観る陶」、そして「詠む陶」へ。

見終わった帰り道、無性に土に触りたくなってきた事は言うまでもありません。